新電力会社 詳細

スマ電は中部電力エリアで安い!その理由は?詳細について解説

当ブログでは数多くの電力会社について、様々なパターンで電気料金のシミュレーションを行っています。

電気料金については、住んでいるエリアやどれくらい電気を使用するのか等、人それぞれお得な電力会社が異なりますが、「スマ電」は中部電力管内にお住まいの方におすすめできる電力会社の一つと評価しています。

めぐみぃ

不動産屋にもおすすめされたんだけど本当に安いの?あまり聞いたことないけど…

というように「スマ電」をおすすめされたんだけど本当に安いのか知りたい。電力会社の乗り換えを検討しているけど決め切れない。

という方に向けて、本記事では「スマ電」について以下の項目について解説します。

皆様の電力会社乗り換えの判断材料になれば幸いです。

本記事の解説項目
  • 「スマ電」は本当に安いのか。その理由は?
  • どういった人におすすめなのか。その理由は?
  • 特徴や注意点は?

スマ電の特徴

スマ電の特徴

スマ電の特徴に関し、先に電気料金を以外の事柄について記載します。

下記事項について記載しますので、さっとご確認頂ければと思います。

  • 供給エリアは?
  • 契約手数料や解約違約金等は必要?
  • 支払い方法は?
  • お得なキャンペーンはあるの?
  • ガス等とのセット割引はあるの?
  • デメリットは?

供給エリア

  • 東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州エリア(※離島を除く)

契約・解約手数料

  • 契約事務手数料は0円
  • 解約違約金もなし

支払い方法

  • クレジットカード
  • 口座振替

キャンペーン

  • エネチェンジから申込特典
契約エリアキャンペーン
今のお住まいでの電気の切り替え10,000円分のAmazonギフト券
引越しで新しく電気のお申し込み5,500円分のAmazonギフト券

セット割引

  • 特になし

デメリット

  • 契約アンペア数が20A以下の方は契約できるプランがない

スマ電の料金プラン

スマ電の料金プラン

スマ電の料金プランについて、基本料金および電力量料金の一覧をエリア毎に分けて記載します。

お住まいのエリアによって契約できるプランや料金が異なるため、ご自身の対象のエリアについてご確認頂ければと思います。

めぐみぃ

料金プランを見ても結局どれくらい安くなるのか分からないよ~

という方もいらっしゃるかと思います。

電気料金の算定の仕組みについては、以下の記事に記載していますので合わせてご覧ください。

電気代値上げ?電気料金の仕組みと電力会社を選ぶ時の注意点を解説電力自由化にはなっていて電力会社を自由に選べることは分かっているが、結局どの電力会社が良いのかよく分からないという人も多いと思います。そんな方のために、本記事では電気料金の算定の仕組みと電力会社を選ぶ時の注意点について、電力需給契約の実務経験がある専門家目線で解説します。...

関東エリア(東京電力管内)で契約できる料金プラン

関東エリアで契約できる「スマ電」の料金プランについて、基本料金および電力量料金の一覧を記載します。

比較対象として「東京電力エナジーパートナーの従量電灯B」を合わせて記載しますので、どれくらい安くなるのかご覧ください。

  • 基本料金(円)
契約アンペア数東京電力EP
従量電灯B
スマ電
ホームプラン
10A286円
15A429円
20A572円
30A858円 858円
40A 1,144円 894円
50A 1,430円 930円
60A 1,716円 1,216円
  • 電力量料金(円/kWh)
使用電力量東京電力EP
従量電灯B
スマ電
ホームプラン
~120kWh 19.88円 19.76円
121~300kWh 26.48円 25.87円
301kWh~ 30.57円 25.97円

※補足

基本料金については、定額割引を基本料金に適用した場合の金額になっています。

中部エリア(中部電力管内)で契約できる料金プラン

中部エリアで契約できる「スマ電」の料金プランについて、基本料金および電力量料金の一覧を記載します。

比較対象として「中部電力ミライズの従量電灯B」を合わせて記載しますので、どれくらい安くなるのかご覧ください。

  • 基本料金(円)
契約アンペア数中部電力ミライズ
従量電灯B
スマ電
ホームプラン
10A 286円
15A 429円
20A 572円
30A 858円 558円
40A 1,144円 844円
50A 1,430円 1,130円
60A 1,716円 1,416円
  • 電力量料金(円/kWh)
使用電力量中部電力ミライズ
従量電灯B
スマ電
ホームプラン
~120kWh 21.04円 20.95円
121~300kWh 25.51円 25.13円
301kWh~ 28.46円 26.76円

※補足

基本料金については、定額割引を基本料金に適用した場合の金額になっています。

関西エリア(関西電力管内)で契約できる料金プラン

関西エリアで契約できる「スマ電」の料金プランについて、基本料金および電力量料金の一覧を記載します。

比較対象として「関西電力の従量電灯A」を合わせて記載しまが、料金設定は関西電力と全くの同額となっております。

  • 基本料金(円)
関西電力
従量電灯A
スマ電
ホームプラン
0円 0円
  • 電力量料金(円/kWh)
使用電力量関西電力
従量電灯A
スマ電
ホームプラン
~15kWh15kWhまで最低月額料金
341.01円
15kWhまで最低月額料金
341.01円
16~120kWh 20.31円 20.31円
121~300kWh 25.71円 25.71円
301kWh~ 28.70円 28.70円

※補足

最低月額料金と電力量料金の税込合計金額(月額)が8,000円以上の月は5%の割引が適用される。(燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は割引の対象外)

スマ電はどんな人におすすめ?

スマ電はどんな人におすすめ?

スマ電の料金プランは料金設定はそれほど安くはありませんが、そこからの値引き額が一律に定まっているという特徴があります。

では、どんな方におすすめか、結論から先に言うと「中部電力エリアにお住まいの30A契約の方」におすすめの電力会社となります。

何故かというと、スマ電の中部電力エリアの場合、300円の一律定額割引となるため電気料金が元々あまり高くない人の方が、割引率が高くなるためです。

具体的には、毎月の使用電力量が220kWh未満の方には最安の料金設定になります。

また、エネチェンジから申し込むことで最大10,000円分のAmazonギフト券を貰えるため、Amazonを利用される方にはよりおすすめの電力会社と言えます。

以上、スマ電について紹介しました。

電力会社の乗り換えは多少の手間ではありますが、固定費の削減は一度手間をかければ永久的に続きますので、しっかり検討して少しでも節約に取り組んでいきましょう。

下記記事で契約アンペア数、使用電力量毎におすすめの電力会社を紹介していますので、自分にとってどの電力会社が良いのか悩んでいる方はご覧頂ければと思います。

  • 関東エリア
関東エリア(東京電力管内)でおすすめの新電力会社12選2021年7月、比較サイトなどで、関東エリア(東京電力管内)でおすすめとして出てくる人気の新電力会社22社、全37種の契約プランを徹底比較し、各契約アンペア数、各使用電力量ごとに、おすすめの契約プランを2種類ずつ、全12種類選定しました。...
  • 中部エリア
中部エリア(中部電力管内)でおすすめの新電力会社11選2021年8月、比較サイトなどで、中部エリア(中部電力管内)でおすすめとして出てくる人気の新電力会社21社、全32種の契約プランを徹底比較し、各契約アンペア数、各使用電力量ごとに、おすすめの契約プランを2種類ずつ、全11種類選定しました。...
  • 関西エリア
新電力会社ランキング(関西電力管内)
関西でおすすめの新電力会社ランキング5選|人気の43プランを徹底比較関西エリア(関西電力管内)に特化し、全33社、43種の契約プランを徹底調査しました。その結果、迷ったらこれを選べば間違いなしのオススメ新電力会社が判明しました。この記事を読めば、あなたにとって最適な電力会社が見つかります!...