北海道

北海道でおすすめの新電力会社ランキング3選【60A契約編】

新電力会社ランキング(北海道電力管内|60A契約)

新電力会社は大手電力会社と比較して電気料金が安いという点でとても人気です。

さらに契約変更時に少し頑張って検討すれば、継続して固定費を削減し続けれるのが新電力会社への変更の魅力です。

自分にとって最適な電力会社に変更して、電気料金の削減効果を最大限高めたい!

そこで今回は北海道エリア(北海道電力管内)で契約アンペア数60Aに特化し、全23社、32種の契約プランを徹底調査しました。

その結果、迷ったらこれを選べば間違いなしのオススメ新電力会社が判明しました。

この記事を読めば、あなたにとって最適な電力会社が見つかります!

住まいが北海道エリア(北海道電力管内)ではない。契約アンペア数が60Aではない。という方はこちらから該当の記事をご覧ください。
≫エリア別 比較

おすすめの新電力会社比較表(北海道電力管内|60A契約)

おすすめの新電力会社(北海道|60A)

北海道エリア(北海道電力管内)で契約アンペア数60Aに特化し、全23社、32種の契約プランを徹底調査しました。

その中から本記事では価格面にこだわって厳選したおすすめの新電力会社』を3つ紹介します。

おすすめの新電力会社の選定基準やランキングの順位付けの基準について気になる方は、こちらの記事をご覧ください。⇒新電力会社ランキングの評価基準について解説

おすすめの新電力会社

  • サステナブルエナジー サステナブルでんきB
  • Natureスマート電気 フラットプラン
  • ピタでん 使いたい放題

電気料金比較表

1ヶ月間の使用電力量ごとに電気料金を徹底比較しました。

早速ですが、以下の比較表をご覧ください。

電気料金算出条件
燃料費調整単価:▲1.95円/kWh(2021年7月実績)
再生可能エネルギー発電促進賦課金:3.36円/kWh(2021年5月~2022年4月実績)
使用電力量サステナブルエナジー
サステナブルでんきB
Natureスマート電気

フラットプラン
ピタでん
使いたい放題
北海道電力
従量電灯B
100 kWh2,941 円
(対北電▲1,643 円)
3,091 円
(▲1,493 円)
14,250 円4,584 円
200 kWh5,882 円
(▲1,743 円)
6,182 円
(▲1,443 円)
14,250 円7,625 円
300 kWh8,819 円
(▲2,048 円)
9,273 円
(▲1,594 円)
14,250 円10,867 円
400 kWh11,740 円
(▲2,666 円)
12,364 円
(▲2,042 円)
14,250 円14,406 円
500 kWh14,661 円
(▲3,284 円)
15,455 円14,250 円
(▲3,695 円)
17,945 円
600 kWh17,582 円
(▲3,902 円)
18,546 円17,000 円
(▲4,484 円)
21,484 円
700 kWh20,503 円
(▲4,520 円)
21,637 円19,750 円
(▲5,273 円)
25,023 円

サステナブルエナジーがどの使用電力量においても平均して電気料金が安いという結果となりました。

「業界最安値圏の電気料金!」と大々的に宣伝しているだけのことはあります。

≫サステナブルエナジー公式サイト

その他の特徴の比較表

ここでは電気料金以外の特徴を比較しました。

早速ですが、以下の比較表をご覧ください。

サステナブルエナジー
サステナブルでんきB
Natureスマート電気

フラットプラン
ピタでん
使いたい放題
キャンペーンなしエネチェンジから申込みで10,000円分のAmazonギフト券プレゼント(~1/12)公式HPから申込みで4,000円分のAmazonギフト券プレゼント(~12/31)
セット割なしなしなし
解約違約金0円0円1年未満の解約の場合、2,200円の解約違約金が必要
特徴とにかくシンプルに「業界最安値圏の電気料金!」使用電力量が少ない人には比較的電気料金が安く、キャンペーンが良い毎月必ず500kWh以上電気を使う人には電気料金が格安

Natureスマート電気はエネチェンジ経由での申し込みで高額のキャンペーンを実施しています。

≫エネチェンジで確認

おすすめの新電力会社ランキング(北海道電力管内|60A契約)

新電力会社ランキング(北海道電力管内 60A契約)

60A契約の家庭は電気機器が多いことが想定されます。

そのため毎月の使用電力量を500kWh前後と推定しランキングを作成しました。

1位:サステナブルエナジー サステナブルでんきB

“業界最安値圏”のキャッチコピーは伊達じゃない!
電気をあまり使わない人から多く使う人まで、誰にとっても最安値圏の電気料金となる新電力会社です。
2021年5月1日より電力供給をスタートした会社のため評判はあまり聞こえてきませんが、この料金設定は選んで間違いないです。
 
電気料金 基本料金:0 円 電力量料金:28.00 円/kWh(~120kWh)、28.00 円/kWh(~280kWh)、27.80 円/kWh(281kWh~)
基本料金が0円のため電気をあまり使わない人にも安く、電力量料金も比較的安いため電気を多く使う人にも安いプランです。
キャンペーン なし。キャンペーンで誤魔化さず、電気料金の安さで勝負。
セット割 なし。セット割で誤魔化さず、電気料金の安さで勝負。
解約違約金 なし。安心して契約できます。
年間節約額 月平均400kWh:31,992 円
月平均500kWh:39,408 円
月平均600kWh:46,824 円
こんな人にオススメ キャンペーン等で安く見せているわけではないので、誰にとっても安心して長く利用できる電力会社です。とにかく電気料金を継続して安くしたい人にオススメです。

2位:Natureスマート電気 フラットプラン

電気をあまり使わない人には選択の余地あり
基本料金が0円ですので電気をあまり使わない人にとっては比較的電気料金が安く、キャンペーンもそこそこ良いプランです。
電気料金 基本料金:0 円 電力量料金:29.50 円/kWh
基本料金が0円のため、どちらかと言うと使用電力量が少ない人にとって安いプランです。
キャンペーン エネチェンジ経由での申し込みで10,000円分のAmazonギフト券プレゼント(使用開始した日から10ヶ月後時点で契約を継続している方限定)
セット割 なし
解約違約金 なし。安心して契約できます。
年間節約額 月平均400kWh:24,504 円
月平均500kWh:29,880 円 + Amazonギフト券12,000 円
月平均600kWh:35,256 円
こんな人にオススメ キャンペーン狙いで契約する人にはオススメの電力会社です。

3位:ピタでん 使いたい放題

毎月の使用電力量に変動がない方には選択の余地あり
500kWhまで定額の料金プランであり使用電力量が少ない月があると損してしまうため、毎月の使用電力量が500kWh以上であまり変動がない方にはメリットのある新電力会社です。
 
電気料金 定額料金:14,250 円(500kWhまで) 電力量料金:27.50 円/kWh
毎月の使用電力量が500kWh以上であまり変動がない方にはお得なプランです。
キャンペーン 公式HPから申し込みで4,000円分のAmazonギフト券プレゼント(電力供給開始月より3か月間契約を継続いただいた方)
セット割 なし。
解約違約金 ご契約をされてから1年未満の解約の場合、2,200円(税込)の解約違約金が必要です。
年間節約額 月平均500kWh:44,340 円
月平均600kWh:53,808 円 + Amazonギフト券4,000 円 ± 燃料費調整額の変動分
月平均700kWh:63,276 円
こんな人にオススメ 毎月の使用電力量が500kWh以上であまり変動がない方でピタでんが2021年3月に倒産している会社であるということを特に気にされない方にはオススメです。
一点注意点として、このプランは燃料費調整単価を含んだ料金単価となっているため、燃料費調整単価の変動により節約額が変動しますのでご注意ください。【公式HPより引用:「ピタでん使いたい放題」は、燃料費調整額と再エネ賦課金は発生しません(料金に含んでいます。500kWh/月を超えた場合の従量料金においても料金に含んでいます)。】

北海道でおすすめの新電力会社まとめ(60A契約編)

まとめ(北海道エリア 60A)

北海道エリア(北海道電力管内)で契約アンペア数60Aに特化し、全23社、32種の契約プランを徹底調査しました。

その中から価格面にこだわって作成した、おすすめの新電力会社ランキング3選は以下。

新電力会社ランキング(北海道電力管内|60A契約)

  1. サステナブルエナジー サステナブルでんきB … とにかく電気料金を安くしたい人にオススメ
  2. Natureスマート電気 フラットプラン … キャンペーン狙いの人にオススメ
  3. ピタでん 使いたい放題 … 毎月の使用電力量が500kWh以上であまり変動がない方でピタでんが2021年3月に倒産している会社であるということを気にしない方にオススメ

迷ったらコレを選べば間違いない!

エネグッドのイチオシはこれ!
サステナブルエナジー サステナブルでんきB
業界最安値圏のサステナブルエナジーで間違いない!
解約違約金もキャッシュバックもないため、もし考えが変わったとしても自由なタイミングで別の会社に変更できるなど、デメリットが一切ありません。
迷っている間も高い電気代を払い続けているので、迷っている方はデメリットが一切ない”サステナブルエナジー”にまずは変更することをオススメします!
 

【参考】本記事で調査した全23社、32種の契約プラン一覧

北海道電力(従量電灯B、エネとくポイントプラン、エネとくSプラン、エネとくMプラン、エネとくLプラン)|サニックスでんき(サニックステラセーバーS)|ピタでん(使った分だけ、使いたい放題)|リミックスでんき(電気代割引プラン)|HISでんき(PRIME北海道)|親指でんき(いいねプランB)|楽天でんき(プランS)|ENEOSでんき(北海道Bプラン)|Looopでんき(おうちプラン)|丸紅新電力(プランS)|北海道ガス(従量電灯Bプラス)|出光昭和シェル(Sプラン)|ソフトバンク(自然でんき、おうちでんき、くらしでんき)|auでんき(でんきMプラン)|アストでんき(ブライトプラン、基本料金ゼロプラン)|ミツウロコでんき(従量電灯B、シングル応援プラン)|Japan電力(くらしプラン)|サステナブルエナジー(サステナブルでんきB)|EverGreen(保険でんき)|J:COM電力(家庭用コース従量B)|TERASELでんき(超TERASEL北海道Bプラン)|コスモでんき(スタンダード)|Natureスマート電気(フラットプラン)