新電力会社 詳細

サステナブルエナジーの電気料金は最安!?特徴・評判・口コミを徹底調査

サステナブルエナジーは最安!?特徴・評判・口コミを徹底調査
  • サステナブルエナジーの電気料金が相当安いって聞いたけど本当?
  • 公式サイトに業界最安値圏って書いてるけど本当に安いの?
  • こんなに安いと何かあるんじゃないか不安
  • 何かしらデメリットはあるんじゃないの?

サステナブルエナジーを初めて知った時、こんな疑問や不安を感じませんでしたか?

ながみぃ

私はあまりにも安い料金プランに興奮を隠せませんでした(笑)

興奮冷めやらぬうちに40社以上の新電力会社と比較を行い、その結果、サステナブルエナジーは本当に業界最安値圏の新電力会社だという結論に至りました。

一方で2021年5月より電気小売事業を始めたばかりのため、歴史が浅いなりのデメリットもあることが分かりました。

ながみぃ

サステナブルエナジーについてもっと知って欲しい!

そこでこの記事では、サステナブルエナジーの特徴について他社と比較しながら解説するとともに、評判や口コミについても紹介します。

この記事を読めば、サステナブルエナジーのメリット・デメリットが分かるようになります。

サステナブルエナジーの特徴

サステナブルエナジーの特徴について解説

サステナブルエナジーは2021年5月1日より東京電力エリア及び九州電力エリアの方々へ電力供給をスタート。2021年7月12日には沖縄・離島を除く全エリアに電力の供給が可能となりました。

“業界最安値圏の電気料金”を掲げ、申込から請求までの一連の流れをAIやRPAを用い低コストで運営。その結果、販管費を大幅に削減し、地域最安値圏での電気料金の提供を実現しているとのことです。

“再生可能エネルギー100%を目指す”と掲げており、現状どうなっているかは公表していませんが、環境面・SDGsも意識していると見受けられます。

その他の特徴は以下の通りです。

供給エリア沖縄・離島を除く全国
解約違約金なし
支払い方法クレジットカード
セット割引なし
キャンペーンなし

公式サイトでも確認したい方はこちら。
 ≫サステナブルエナジー公式サイト

料金プラン:サステナブルでんきB

サステナブルでんきBについて解説

サステナブルエナジーでは以下のプランを提供しています。

サステナブルエナジー 契約プラン

  • サステナブルでんきB
  • サステナブルでんきC
  • サステナブル低圧電力

この記事では、一般家庭向けに提供されている「サステナブルでんきB」の料金プランについて、地域ごと・他社との比較・ランキング形式で紹介します。

料金表

サステナブルでんきBは”基本料金が0円”であり、電気を使用した分だけ電気料金がかかるという分かり易い料金プランとなっています。

北海道東北関東中部北陸関西中国四国九州
基本料金0 円0 円0 円0 円0 円0 円0 円0 円0 円
電力量料金単価
~120kWh
28.0 円
(~120kWh)
25.0 円24.0 円25.75 円21.0 円21.5 円22.9 円24.0 円21.5 円
電力量料金単価
121~300kWh
28.0 円
(~280kWh)
24.8 円24.0 円25.0 円20.0 円20.5 円21.0 円22.0 円21.5 円
電力量料金単価
301kWh~
27.8 円
(281kWh~)
24.0 円24.0 円23.0 円19.0 円18.5 円20.0 円22.0 円21.5 円

基本料金0円の新電力会社12社の契約プランを徹底比較

サステナブルでんきBと同じ”基本料金0円”の新電力会社12社の契約プランを比較しました。

以下の表は各電力会社の電力量料金単価(〇円/kWh)を示しており、この単価が安ければ安いほど電気料金が安くなります。

新電力会社北海道東北関東中部北陸関西中国四国九州沖縄
サステナブルエナジー

サステナブルエナジー
サステナブルでんきB
28.0 円
(~120kWh)
28.0 円
(~280kWh)
27.8 円
(281kWh~)
25.0 円
(~120kWh)
24.8 円
(~300kWh)
24.0 円
(301kWh~)
24.0 円25.75 円
(~120kWh)
25.0 円
(~300kWh)
23.0 円
(301kWh~)
21.0 円
(~120kWh)
20.0 円
(~300kWh)
19.0 円
(301kWh~)
21.5 円
(~120kWh)
20.5 円
(~300kWh)
18.5 円
(301kWh~)
22.9 円
(~120kWh)
21.0 円
(~300kWh)
20.0 円
(301kWh~)
24.0 円
(~120kWh)
22.0 円
(~300kWh)
22.0 円
(301kWh~)
21.5 円
Japan電力

くらしプラン
29.0 円
(~250kWh)
28.5 円
(~400kWh)
27.5 円
(401kWh~)
26.0 円
(~250kWh)
25.5 円
(~400kWh)
24.5 円
(401kWh~)
26.0 円
(~250kWh)
25.5 円
(~400kWh)
24.5 円
(401kWh~)
26.0 円
(~250kWh)
25.5 円
(~400kWh)
24.5 円
(401kWh~)
21.0 円
(~250kWh)
20.5 円
(~400kWh)
19.5 円
(401kWh~)
22.0 円
(~250kWh)
21.5 円
(~400kWh)
20.5 円
(401kWh~)
24.0 円
(~250kWh)
23.5 円
(~400kWh)
22.5 円
(401kWh~)
24.0 円
(~250kWh)
23.5 円
(~400kWh)
22.5 円
(401kWh~)
23.0 円
(~250kWh)
22.5 円
(~400kWh)
21.5 円
(401kWh~)
ピタでん
使った分だけ
28.77 円25.71 円25.71 円25.71 円21.13 円21.59 円23.57 円23.93 円22.66 円
アストでんき
基本料金ゼロプラン
28.9 円25.8 円25.8 円25.8 円20.7 円21.8 円23.8 円23.8 円22.8 円
エルピオでんき

使った分だけSプラン
21.3 円22.2 円23.58 円23.94 円22.91 円
あしたでんき
標準プラン
26.0 円26.0 円26.0 円22.0 円24.0 円23.0 円
0円でんき
ファミリー向けプラン
26.3 円26.3 円21.2 円22.3 円24.3 円24.3 円23.3 円
Looopでんき
おうちプラン
29.5 円26.4 円26.4 円26.4 円21.3 円22.4 円24.4 円24.4 円23.4 円27.0 円
Natureスマート電気
フラットプラン
29.5 円26.4 円26.4 円26.4 円21.3 円22.4 円24.4 円24.4 円23.4 円
親指でんき
いいねプラン
29.5 円26.4 円26.4 円26.4 円22.4 円24.4 円24.4 円23.4 円
楽天でんき
プランS
30.0 円26.5 円26.5 円26.5 円22.0 円22.5 円24.5 円24.5 円23.5 円27.0 円
ソフトバンク
自然でんき
31.57 円27.5 円26.48 円27.5 円23.42 円25.46 円25.46 円24.44 円

どのエリアにおいてもサステナブルエナジーが最安の料金プランであることが分かります。

ながみぃ

基本料金0円のプランの中では間違いなくNo.1ですね!

全ての新電力会社の中でサステナブルでんきは何番目に安い?

ここでは基本料金0円のプランだけでなく、当サイトで比較を行っている全ての新電力会社を含めて比較した結果を記載します。

電気料金以外の要素(キャンペーン等)を一切除外し、電気料金だけに特化した場合のランキングとなっていますのでその点はご注意ください。

契約アンペア数
使用電力量
北海道
(大手と差額/月)
東北
(大手と差額/月)
関東
(大手と差額/月)
中部
(大手と差額/月)
北陸
(大手と差額/月)
関西
(大手と差額/月)
中国
(大手と差額/月)
四国
(大手と差額/月)
九州
(大手と差額/月)
20A
200kWh
1位
(▲310円)
2位
(▲284円)
7位
(▲151円)
30A
300kWh
1位
(▲810円)
1位
(▲831円)
1位
(▲928円)
1位
(▲650円)
1位
(▲687円)
40A
350kWh
2位
(▲1,674円)
1位
(▲909円)
1位
(▲1,425円)
1位
(▲943円)
1位
(▲1,122円)
1位
(▲1,341円)
1位
(▲1,406円)
1位
(▲1,075円)
1位
(▲1,212円)
50A
400kWh
1位
(▲2,325円)
1位
(▲1,503円)
1位
(▲2,039円)
1位
(▲1,503円)
1位
(▲1,586円)
1位
(▲1,851円)
1位
(▲1,884円)
1位
(▲1,500円)
1位
(▲1,737円)
60A
500kWh
2位
(▲3,284円)
1位
(▲2,361円)
1位
(▲3,162円)
2位
(▲2,335円)
2位
(▲2,272円)
2位
(▲2,871円)
2位
(▲2,840円)
2位
(▲2,350円)
1位
(▲2,490円)

基本料金0円のプランに限らず、サステナブルでんきBが驚異的に安いプランであることが分かります。

※60A・500kWhで2位が多くなっていますが、『ピタでん 使いたい放題』という500kWhまで定額料金のプランと500kWhという最も不利な条件で比較しているためです。490kWhだとサステナブルエナジーの方が安いという場合も多いです。

ながみぃ

”業界最安値圏の電気料金”と言うだけのことはありますね!

電気料金以外の要素(キャンペーン等)を加味したランキングについては、エリア別にまとめていますので興味のある方は下記リンクからご確認ください。
 ≫エリア別 新電力会社ランキング

サステナブルエナジーの評判・口コミ

サステナブルエナジーの評判・口コミ

電気料金が安いことは分かったけど、実際契約してみてどうなのか気になる方もいると思います。そこで、サステナブルエナジーの評判・口コミについて調査しましたので、早速ですがご覧ください。

一人暮らしの場合は逆に高くなる可能性があるので注意が必要

電気代が安くなる以外のサービスがない

とにかく電気料金が安い

やはり電気小売事業を始めたばかりで日が浅いということもあり、利用者の口コミがほとんど見つかりませんでした。

契約者の口コミがないというのも、デメリットの一つとも言えるでしょうか。

まとめ(メリット・デメリット)

まとめ

この記事では、サステナブルエナジーの特徴について他社と比較しながら解説するとともに、評判や口コミについても紹介してきました。

ここまで解説してきた内容について、メリット・デメリットに分類してまとめます。

デメリット

  • 一人暮らしの場合は逆に高くなる可能性があるので注意が必要
  • 電気代が安くなる以外のサービスがない
  • 契約者の口コミがない

メリット

  • 基本料金0円のプランの中では最安値
  • 基本料金0円のプランに限らず、全ての料金プランの中でも最安値圏
  • 解約違約金がない
エネグッドからのアドバイス

サステナブルエナジーは解約違約金もキャッシュバックもないため、もし考えが変わったとしても自由なタイミングで別の会社に変更可能です。

迷っている間も高い電気代を払い続けているので、まずはサステナブルエナジーに乗り換えることをオススメします!