中部

中部でおすすめの新電力会社ランキング2選【20A契約編】

新電力会社ランキング(中部電力管内|20A契約)

2022年4月、新電力会社各社が続々と新規契約受付を停止したことで従来のランキング記事が参考にならなくなっています。

そこで、2022年4月現在で契約できる新電力会社の中から厳選したおすすめの新電力会社の紹介記事を作成しました。

当面の間は、こちらの記事をご覧ください。

【6月最新】おすすめの新電力会社|これだけ見れば大丈夫!
【2022年6月】おすすめの新電力会社2選|これだけ見れば大丈夫!2022年6月現在で契約できる新電力会社の中から、「解約違約金が0円」、「キャンペーンよりも電気料金の安さを重視」などの基準に基づいて厳選した2社を紹介します。この記事を読むことで、電力会社選びの悩みを解決することができます!...

【以下、2022年3月までの内容です】

新電力会社は大手電力会社と比較して電気料金が安いという点でとても人気です。

さらに契約変更時に少し頑張って検討すれば、継続して固定費を削減し続けれるのが新電力会社への変更の魅力です。

自分にとって最適な電力会社に変更して、電気料金の削減効果を最大限高めたい!

そこで今回は中部エリア(中部電力管内)で契約アンペア数20Aに特化し、全22社、27種の契約プランを徹底調査しました。

その結果、迷ったらこれを選べば間違いなしのオススメ新電力会社が判明しました。

この記事を読めば、あなたにとって最適な電力会社が見つかります!

住まいが中部エリア(中部電力管内)ではない。契約アンペア数が20Aではない。という方はこちらから該当の記事をご覧ください。
 ≫エリア別 比較

中部で20A契約(一人暮らし・単身赴任)の人におすすめの新電力会社

おすすめの新電力会社(中部|20A)

中部エリア(中部電力管内)で20A契約が可能な全22社、27種の契約プランを徹底調査しました。

20A契約の家庭は一人暮らしや単身赴任の人が多いと想定されますので、毎月の電気の使用量が少ない人に最安となる可能性がある電力会社だけを厳選して2社紹介します。

20A契約でおすすめの新電力会社

  • アストでんき ブライトプラン
  • まちエネ きほんプラン

電気料金比較表(20A契約編)

1ヶ月間の使用電力量ごとに電気料金を徹底比較し、以下の表にまとめました。

電気料金算出条件
燃料費調整単価:▲4.33円/kWh(2021年7月実績)
再生可能エネルギー発電促進賦課金:3.36円/kWh(2021年5月~2022年4月実績)
使用電力量アストでんき
ブライトプラン
まちエネ
きほんプラン
中部電力ミライズ
従量電灯B
50 kWh1,508 円
(対中電▲68 円)
1,572 円
(▲4 円)
1,576 円
100 kWh2,502 円
(▲77 円)
2,572 円
(▲7 円)
2,579 円
150 kWh3,621 円
(▲96 円)
3,674 円
(▲43 円)
3,717 円
200 kWh4,823 円
(▲121 円)
4,844 円
(▲100 円)
4,944 円
250 kWh6,026 円
(▲145 円)
6,014 円
(▲157 円)
6,171 円
300 kWh7,228 円
(▲170 円)
7,184 円
(▲214 円)
7,398 円

20A契約の場合、使用電力量が200kWh程度の人が多いと想定されますので“アストでんき”が最安という結果となりました。
 ≫アストでんき公式サイト

その他の特徴の比較表(20A契約編)

電気料金以外の特徴を以下の表にまとめました。

アストでんき
ブライトプラン
まちエネ
きほんプラン
キャンペーンなし公式サイトから申込みで基本料金が3ヶ月無料(~3/31)
セット割なしなし
解約違約金0円0円
特徴キャンペーンはありませんが、電気料金は最安。大手より電気料金を安く抑えられ、キャンペーンや契約者特典も充実。

まちエネはキャンペーンや契約者特典が充実しているため、キャンペーン金額込みで比較すると最もコスパが高いという結果となりました。
 ≫まちエネ公式サイト

おすすめの新電力会社ランキング(中部|20A契約)

新電力会社ランキング(中部電力管内 20A契約)

20A契約の家庭は一人暮らしや単身赴任の人が多く、毎月の使用電力量は少ないと想定されます。

そのため毎月の使用電力量200kWhを基準としてランキングを作成しました。

1位:アストでんき ブライトプラン

長期間にわたり電気料金を節約できる!
110kWhから230kWhまで幅広い使用電力量において最安となる契約プランです。
キャンペーン込みだと他にもコスパの高い電力会社はありますが、電力会社の乗り換えが手間に感じる人やキャンペーンの受け取りを忘れるのが心配な人には電気料金が最安の『アストでんき』がおすすめです。
電気料金 基本料金 514.74 円
電力量料金
 20.84 円/kWh(~120kWh)
 25.02 円/kWh(~300kWh)
 26.49 円/kWh(301kWh~)

他社と比べて基本料金を安く設定した契約プランです。
キャンペーン なし
セット割 なし
解約違約金 なし
年間節約額 月平均150kWh:1,152 円
月平均200kWh:1,452 円
月平均250kWh:1,740 円
こんな人にオススメ 最小限の手間で電気料金を節約したい方にオススメです。
総合評価

2位:まちエネ きほんプラン

電気料金の安さ・キャンペーン・契約者特典のトータルでコスパが高い!
電気料金は大手電力会社より安く、基本料金が3ヶ月無料のキャンペーンも実施中です。さらにローソンの無料クーポンが毎月もらえ、Pontaポイントも貯まるなど契約者特典も充実しているため、トータルで考えるとコスパが高い
契約プランです。
電気料金 基本料金 572 円
電力量料金
 20.97 円/kWh(~120kWh)
 24.37 円/kWh(~300kWh)
 24.67 円/kWh(301kWh~)

新電力会社の中では平均的な価格の契約プランです。
キャンペーン 公式サイトでの申し込みで基本料金が3ヶ月無料
セット割 なし
解約違約金 なし
年間節約額 月平均150kWh:516 円
月平均200kWh:1,200 円 + 基本料金3ヶ月無料1,716円
月平均250kWh:1,884 円
こんな人にオススメ 毎月もらえるローソンの無料クーポンやPontaポイントを無駄なく活用できる人にオススメです。
総合評価

中部でおすすめの新電力会社まとめ(20A契約編)

まとめ(中部エリア 20A)

中部エリア(中部電力管内)で20A契約が可能な全22社、27種の契約プランを徹底調査しました。

20A契約の家庭は一人暮らしや単身赴任の人が多いと想定されますので、電気の使用量が少ない人に最安となる可能性がある電力会社だけを厳選し、毎月の使用電力量200kWhを基準としてランキング形式で紹介しました。

ランキング年間節約額
(200kWh/月)
キャンペーンセット割解約違約金総合評価公式サイト
1位
アストでんき
ブライトプラン
1,452 円なしなしなし 詳細を見る
2位
まちエネ
きほんプラン
1,200 円公式サイトでの申し込みで基本料金が3ヶ月無料なしなし詳細を見る

新電力会社ランキング(中部エリア|20A契約)

  1. アストでんき ブライトプラン … 最小限の手間で電気料金を節約したい人にオススメ
    ≫エネチェンジから申込
  2. まちエネ きほんプラン … 毎月もらえるローソンの無料クーポンやPontaポイントを無駄なく活用できる人にオススメ
    ≫公式サイトから申込

迷ったらコレを選べば間違いない!

エネグッドのイチオシはこれ!
アストでんき ブライトプラン
まずは手間をかけずに電気料金を節約しよう!
解約違約金やキャンペーンがないため、もし考えが変わったら自由なタイミングで別の会社に変更できるなど、デメリットが一切ありません。
迷っている間も高い電気料金を払い続けているので、まずは手間があまりかからない”アストでんき”に乗り換えることをオススメします!

本記事で調査した全22社、27種の契約プラン一覧

中部電力ミライズ(従量電灯B)|サニックスでんき(サニックステラセーバーS)|ピタでん(使った分だけ)|あしたでんき(標準プラン、たっぷりプラン)|親指でんき(いいねプランB)|楽天でんき(プランS)|ENEOSでんき(中部Bプラン)|Looopでんき(おうちプラン)|丸紅新電力(プランS)|東邦ガス(シンプルプランⅠ)|出光昭和シェル(Sプラン)|ソフトバンク(自然でんき、おうちでんき、くらしでんき)|auでんき(でんきMプラン)|アストでんき(ブライトプラン、基本料金ゼロプラン)|ミツウロコでんき(従量電灯B、シングル応援プラン)|Japan電力(くらしプラン)|0円でんき(ファミリー向けプラン)|まちエネ(きほんプラン)|GREENaでんき(スタンダードファミリー)|TERASELでんき(超TERASEL中部Bプラン)|Natureスマート電気(フラットプラン)|ONEでんき(フリープラン)